ヒアルロン酸に着目

赤ちゃんの肌と言えば、その十分な潤いともちもち感が真っ先に思い浮かびます。かつて自分もあんな肌を有していた頃が本当に有ったのだろうかと思えばより一層、現在の乾燥肌が恨めしく思えてしまいますが、この肌の違いのポイントとして、皮膚構造の違いが見逃せません。そしてその違いの鍵を握る物質がヒアルロン酸なのです。このヒアルロン酸とは私達の皮膚を構成する細胞と細胞の間に存在する物質で、極めて高い保湿力を有しており、スキンケア効果を謳う各種化粧品の主成分として表記されている事をご記憶かと思います。

赤ちゃんの皮膚はこのヒアルロン酸を豊富に有していますが、年齢を重ねると共に、次第にその含有率は減少して行きます。加齢と共に乾燥肌発症のリスクが高まる理由の1つが、皮膚の細胞と細胞の間に存在すべきヒアルロン酸の絶対量の少なさ故、十分な自力保湿効果が得られぬメカニズムが挙げられます。

先に述べた通り、ヒアルロン酸を含む化粧品も各種市販されていますが、これらは皮膚の表面に塗布から浸透させる流れでの成分摂取となり、皮膚の奥深い細胞間にまで到達させるのは容易ではありません。対してサプリメントであれば体内への摂取を通じ、身体の内側から皮膚の深層部へと成分を届ける事が叶い、より確実な効果が期待出来ます。